2010年10月17日

プロ野球もクライマックス


プロ野球はCSで盛り上がっていますが、
広島フアンの私には直接関係ありません。

今年の選手成績一覧を見ながら????に耽っています。

何故セリーグの本塁打王ラミレスは49本も打ち
2位のブラゼルも47本、3位の阿部すら44本も打っているのに

パリーグの本塁打王の岡田は33本だったのか?
選手の技量の差なのか?球場の広さのせいなのか?


私の出した結論は
両リーグ投手の成績を見て私なりに納得したのです。




             IMG_9358.JPG





セリーグ投手の3冠王は広島の前田健太ですが
防御率は2.21、奪三振174、完投6に対し

パリーグトップのダルヒッシュは防御率1.78 、奪三振222、完投10と桁外れなのです。
パリーグのピッチャーのレベルが高いのではないか?
このことは交流戦の成績がパリーグ優位だったことでも裏づけられたような気もします。

いずれにせよ日本シリーズでどちちらが優勝するか先行き楽しみです。
それにしてもダルヒッシュの技量の高さにはびっくりしました。





手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 16:57| 和歌山 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。