2010年12月21日

年忘れカラオケ大会


今年も残るところ10日となりました。
年賀状も出来てないし
仕事もまだ続いているし。

でも全てを打っちゃって今年最後のカラオケに行ってきました。

熊野市の行きつけのカラオケルームはシニア割引があって
飲み物一品つきで歌い放題二人で1500円也。

今日は2時間程歌いました。
お蔭で少々喉がかすれました。

お耳汚しですが歌った曲を挙げてみましょうか。

私のレパートリー

  ・釜山港に帰れ(ハングルで歌える日を夢見て)
  ・ガラスのジョニー(アイジョージは歌が上手かったなー)
  ・君恋し(フランク永井は素的な声でした)
  ・北国の春(千昌夫もよかったなー)
  ・南国土佐を後にして(やっぱり龍馬ぜよ)
  ・旅人よ(歌詞も曲も素晴らしい)
  ・霧の摩周湖(これを歌うとこれがレパートリーだった
         成城大学ゴルフ部部長をやった会社の先輩、
         亡きMさんを思い出すんです)
  ・いい日旅立ち(JRの宣伝歌だがいい歌ですね)
  ・昴(蒼穹の昴?谷村君もいい歌を作るね)
  ・無錫旅情(これを歌うと中国駐在の頃を思い出します)

 (何とまあ古い歌ばかりです)


妻は ・「一人寝の子守唄」や「愛のくらし」など加藤登紀子の数々の歌
   ・「時は過ぎてゆく」など金子由香利の歌
   ・時代(何度歌ってもその時のことをしみじみと噛み締めます。)

ちあきなおみの「喝采」を忘れたのが残念でしたが
さっぱりして帰って来ました。




手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 21:13| 和歌山 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。