2011年02月20日

急須の修復


漆作業の合間にこんなこともやっています。
友人に頂いた備前焼の急須
とても気にいっていたのですが割れてしまいました。



             IMG_9974.JPG


もったいない。
これは漆で修復が可能です。
米粒をよく練って、そこに漆を加えて又練って糊を作り
患部に塗って接着します。

こうして一晩乾燥させれば
出来上がり。



             IMG_9988.JPG



本来はさらにひびの入った部分にだけ漆をかけ
その上に金粉を撒けばもっと綺麗に出来上がります。

蓋はこなごなに割れたので木の蓋を作り、黒く漆をかけました。
意外とハイカラな感じになりました。



手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 12:41| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。