2011年08月31日

野田日本丸出航

新しい船長が決まり日本丸は再び出航しました。
どじょうのように泥臭く、国民の為に汗を流すと言っています。
その言を信じ、国会議員は足の引っ張り合いをすることなく
協力して真剣に仕事をして欲しいです。
せめて活動の1割でも2割でも東北に出向いて汗を流してはどうか。

それよりももっと驚いたことがその日の新聞に載っていました。
文部科学省が調査した土壌汚染の地図です。



             IMG_0337.JPG



セシウム137の土壌汚染地図。
最高に高い所で1uあたり3000万ベクレル
チェルノブイリでは55万5千ベクレルを越えた地域は強制移住の対象になったが
これを越えた場所は8%に上ったという。

よく見て欲しい
汚染された地域は大半が80キロ圏内
80キロとはアメリカが当初から自国民の避難基準の数値として上げていた数値ではないか!

スマイリー島の事故や宇宙衛星、はたまたかずかずの知見から割り出した数値なのだろう。
時の政府は何故アメリカにこれを正さず20キロ、30キロに限定したのだろう。
混乱を恐れてという見方もあるが子供達のことを考えるとやりきれないことである。






手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 15:19| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

極上の映画をご紹介しましょう


人の命が簡単に奪われる今時の時代に
心温まる映画をご紹介しましょう。
イラン映画の「運動靴と赤い金魚」

とりたてて多量の金が注ぎ込まれたわけでもなく
筋立ても簡単ですが
こんな心温まる映画が作れるのです。

病気がちな母に替わって買い物に行った主人公の少年は
修理に出していた妹の靴を持って帰るのですが
途中で失くしてしまいます。


             IMG_0335.JPG


ここから物語が転がってゆくのですが
映画を見たいと思っている方のためにこれ以上記述することが出来ません。
靴が無くなった妹も学校にいかねばなりません。

少年が考えついた方法が延々と続きますが見ていて切なくなります。
でもそのために少年にも思わぬ幸せが訪れたりするのです。
最後はハッピーエンドに終わってとても幸せな気分になりました。



             IMG_0334.JPG


それにしても
今はどうなのか知りませんが
イランの貧富の差が大きいのにはびっくりしました。




手作りオーダー家具の林工亘





posted by 桜の工房 at 18:36| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

向田邦子さんのテレビドラマ

向田邦子さんが台湾の飛行機事故で亡くなられてはや30年
8月22日が命日でした。
最近NHKで「胡桃の部屋」というドラマが放映されています。

勤め人の家庭のささやかな庶民の生活や
その中の喜びや悲しみを描かせれば彼女の右に出るものはいなかったと言えば言いすぎでしょうか。

味わい深くも軽妙な数々のエッセイ
テレビドラマの配役には父親役の杉浦直樹が欠かせません。
「あ・うん」というテレビドラマにはその他にも岸本加代子や吉村実子も出ていましたね。

「阿修羅の如く」というドラマもありました。
和田勉の演出でなかなか面白かった記憶があります。
 

ところが最近「阿修羅の如く」を全編見る機会がありました。
見終わっていささか違和感を感じました。
とにかく全て不倫の話です。こんなだったかなーと正直思いました。

「胡桃の部屋」も不倫の話
残念でしたが1回で見るのを止めました。
何故こんなに見方が変わったのだろう?


手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 18:55| 和歌山 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

歌は世につれ、世は歌につれ


先日BSで平尾昌晃の特集をやっていました。
私より5つ年上ですが、ロカビリー歌手の印象が強かったし
彼の歌ったミヨちゃんという歌が印象に残っています。



             IMG_0321.JPG



彼が一皮剥けたのは結核に罹り
都会を離れて諏訪の療養所で治療に専念したからだったといいます。
そこで人の情けに触れ、歌を歌うことの意味を深く考えたのです。

彼が作曲した驚くほどのヒット曲を連発しているのに驚きました。
私が知っているだけでも


瀬戸の花嫁
私の城下町
よこはま・たそがれ
恋のしずく
霧の摩周湖
二人でお酒を
愛の園
うそ



高度成長期を背景にいい時代だったのでしょう。

敗戦時は美空ひばりの「悲しき口笛」や「東京キッド」「私は街の子」
などが人々の心を慰めてくれましたが
この震災の中で人々に希望と勇気を与える歌が生まれて欲しいとおもいます。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 19:19| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

熱闘甲子園


15日間の夏の高校野球大会が終わりました。数々の話題を残して。
日大三校は確かに強かったし、光星学院も強かった。
東北に優勝旗と願ったが次の目標ということでしょう。



             IMG_0322.JPG



逆転満塁ホームランがあったり
智弁も満塁ホームランを喰らったり。

でも基本は投手力と打力と守備力だというのがよくわかりました。
殊にバントは大変重要ですね。
投手力とはコントロールということでしょう。
四球ばかり出していてはチームにリズムが生まれません。

暑さのせいか、仕事に今ひとつ力が入らず
つい冷房の入った部屋で高校野球を堪能してしまいました。
お客様には申し訳ない!

高校野球の後は民主党の代表選=新首相の選出。
雨後のタケノコのように手が挙がっていますが
はたして攻守に優れ国民に希望を語れる候補者がいるのでしょうか。

票確保の為に小沢一郎に擦り寄ったりする見苦しい真似はしてほしくない。
国民に堂々と自分の主張を語ってこの国の行く先を徹底して議論してほしい。
そうすれば自分がトップに立つにふさわしい人間かどうかがわかるでしょう。


手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:32| 和歌山 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

終戦の日、敗戦の日に もしも?


昨日は66回目の終戦の日、敗戦の日。
新聞が休刊日なのには驚きました。
随分新聞界の意識も後退したものです。

テレビの特集を見ていて
歴史に、もしもはありませんが
こうであったら歴史はどう変っていただろうとふと思いました。

私が生まれた1942年の前年
1941年12月8日にアメリカとの太平洋戦争が起こります。

当時国力の差はアメリカが12倍、鋼材生産は19倍
自動車生産や石油産出量は数百倍
でも戦争に突っ込んでいったわけです。

日露戦争当時、ロシアとの国力差が10倍だったにも拘わらず
ロシアに勝利したことが頭にあり
奇襲作戦で一年半は優位に立って
あとは外交で解決をという目先の方針だったといいます。

真珠湾攻撃は見事に成功し
国民は高揚して戦争にさらに深入りしていくのですが
確かに1年半くらい経つと戦局は憂色を深め

1944年にサイパンが陥落
以後ここを拠点に日本爆撃が行なわれ
1945年になると東京大空襲で十万人もの人々が亡くなり
大阪名古屋などの都市も壊滅的な空襲を受けます。



IMG_9164.JPG



そして最後に沖縄戦、広島、長崎に原爆投下、やっと終戦。

もしも真珠湾攻撃が失敗に終わっていたら・・・・・

大勢の人の命も失われずにすんだろうに・・・・

どっちがよかったんだろうなーと世迷いごとを考えていました。

でも強く言えることは戦争は悪である。ということですかね。



手作りオーダー家具の林工亘







posted by 桜の工房 at 22:37| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

お盆


             IMG_0319.JPG



今年もお盆がやってきましたが
今年のお盆は特別です。

東北では多くの人々が悲しみの中で迎えます。
行方不明で手付かずの方もまだ大勢です。

震災から立ち直るにはまだまだ大きな力の結集が必要でしょう。
ややもすると日常に振り回され
忘れがちになる気持ちがありはしないだろうか。

敗戦当時は希望を胸にがむしゃらに復興に立ち上がったようですが
今回はちょっと違います。
どんな未来が待っているのか
どんな苦労をすれば、どんな希望が持てるのか。

やはり政治の出番のはずです。
目先の自党の利害に振り回されず
この国の未来、子供達の未来に向けた

しっかりしたデザインを提示してほしいものです。
それが私達が高給を出して雇っている意味合いではないですか。

震災に関しては多くの本が出されていますが
ノンフィクション作家、佐野眞一さんの
「津波と原発」という本があります。



             IMG_0320.JPG


「東電OL殺人事件」という本を書いた佐野眞一ですから
東電の体質についてはよくご存知です。

被災地や立ち入り禁止区域にまで入り込み
多くの被災者や原発作業者の言葉に耳を傾け

過去の津波や福島に原発が出来た経過に分け入って
関係者の証言を紹介しています。

彼が嘆いているのはこれだけの災害に見舞われながら
相変わらずの古い発想の小沢一郎や石原慎太郎で
唯一ソフトバンクの孫正義に希望を抱いていました。

そもそも彼が取材をしようと思ったきっかけのひとつが
石原慎太郎東京都知事の「天罰」発言で
そんな人間がやすやすと再選を果たした驚きでした。

必ずやってくると言われる東京大地震
2020年のオリンピックに東京都は手を挙げようとしていますが
本当にやらねばならないのはそんなことでしょうか。

PRの費用だけでも100億単位の金がかかるといいます。
震災に備える為の街づくりにこそ使って欲しいと
子や孫のことを考えながら思っていました。


手作りオーダー家具の林工亘





posted by 桜の工房 at 16:20| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

再び、映画「父と暮らせば」


広島の原爆の日が過ぎ
長崎の原爆の日が過ぎました。
もう一度映画「父と暮らせば」を見ました。


             IMG_0314.JPG



原田芳雄さんの追悼の意味もありました。



「幸せになっちゃーいけん」と苦悩する生き残った主人公に
「生き残った人間が死んだ人の分も幸せにならにゃーいけんのじゃ」と説得する父



          IMG_0315.JPG     IMG_0316.JPG



瓦礫の町にたたずむ主人公の風景は被災した東北の光景に重なって見えました。

福島原発から放出された放射能は広島原爆の時の20倍もあったといいます。
その影響が今広範に拡がっています。
必要なのは正確な情報を迅速に公開する姿勢です。
住民の側に立つ姿勢です。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 17:13| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」


先日BSでやっていた映画です。
「エディット・ピアフ  愛の賛歌」




             IMG_0317.JPG


4年前の映画でピアフを演じたマリオン・コティヤールは
アカデミー賞主演女優賞に輝いています。

確かにそれ程彼女の演技は素晴らしかった。
見たことはありませんが、ピアフが乗り移ったかのようでした。

少女の頃から死に到るまでの
過酷な生活と
恋に、歌に激しく生きた人生を見事に描いています。

けれど彼女の才能も彼女を発見してくれた高級ナイトクラブの経営者や
多くの支援者の助けがなければ市井の平凡な歌い手のままで終わったことでしょう。


〜愛の賛歌〜


http://www.youtube.com/watch?v=1gTGmbA40ZQ




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:36| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

今年も吹奏楽!


             IMG_0313.JPG


今年も白子高校吹奏楽部が熊野市にやって来ました。
一時間半、音楽、吹奏楽の楽しさをたっぷりプレゼントしてくれました。
本当にありがとう!

会場はお年寄りが多かったせいか
「青い山脈」や、「上を向いて歩こう」なども演奏してくれました。
もうすぐ御巣鷹の夏がやってきます。



<上を向いて歩こう>

http://www.youtube.com/watch?v=RtXQ31F1A-k


何となく今にぴったりの曲の感じがします。




手作りオーダー家具の林工亘




posted by 桜の工房 at 18:35| 和歌山 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。