2011年08月10日

再び、映画「父と暮らせば」


広島の原爆の日が過ぎ
長崎の原爆の日が過ぎました。
もう一度映画「父と暮らせば」を見ました。


             IMG_0314.JPG



原田芳雄さんの追悼の意味もありました。



「幸せになっちゃーいけん」と苦悩する生き残った主人公に
「生き残った人間が死んだ人の分も幸せにならにゃーいけんのじゃ」と説得する父



          IMG_0315.JPG     IMG_0316.JPG



瓦礫の町にたたずむ主人公の風景は被災した東北の光景に重なって見えました。

福島原発から放出された放射能は広島原爆の時の20倍もあったといいます。
その影響が今広範に拡がっています。
必要なのは正確な情報を迅速に公開する姿勢です。
住民の側に立つ姿勢です。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 17:13| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。