2011年08月25日

向田邦子さんのテレビドラマ

向田邦子さんが台湾の飛行機事故で亡くなられてはや30年
8月22日が命日でした。
最近NHKで「胡桃の部屋」というドラマが放映されています。

勤め人の家庭のささやかな庶民の生活や
その中の喜びや悲しみを描かせれば彼女の右に出るものはいなかったと言えば言いすぎでしょうか。

味わい深くも軽妙な数々のエッセイ
テレビドラマの配役には父親役の杉浦直樹が欠かせません。
「あ・うん」というテレビドラマにはその他にも岸本加代子や吉村実子も出ていましたね。

「阿修羅の如く」というドラマもありました。
和田勉の演出でなかなか面白かった記憶があります。
 

ところが最近「阿修羅の如く」を全編見る機会がありました。
見終わっていささか違和感を感じました。
とにかく全て不倫の話です。こんなだったかなーと正直思いました。

「胡桃の部屋」も不倫の話
残念でしたが1回で見るのを止めました。
何故こんなに見方が変わったのだろう?


手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 18:55| 和歌山 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。