2011年10月19日

映画「ベン・ハー」



10年目の9.11も過ぎました。
アフガンやイラクでは大勢の罪のない人々が殺され続けています。
未だに先の見えない憎しみ、報復の世界。
どこまで行けば終局を迎えることが出来るのでしょう。

憎しみと救いをテーマにした古〜い映画を見ました。
「ベン・ハー」。50年前の作品ですが中身はなかなか新鮮でした。

エルサレムに住むユダヤの貴族ベン・ハー一家は
ふとしたことから不幸のどん底に突き落とされます。
支配者のローマに捕らえられ、母と妹は牢に。
ベン・ハーは奴隷船に。

エルサレムに新しく赴任して来たローマ人の友人は
たちまち態度を翻し逆に彼等を貶めようとすらします。

カルタゴとの海戦でたまたま助けたローマの名将の義理の子供にまでなるのですが
旧友に対する恨みつらみは止みがたく
エルサレムで催される6頭馬車の競争に出場、邪な行動を取った旧友は死亡します。


             IMG_0359.JPG


母と妹の消息は知れましたが、ハンセン氏病に罹り隔離された谷間で暮らしていました。
旧友に報復しても何故か気持ちの晴れぬベン・ハーに
母と恋人が薦めたのがイエス・キリストの教えでした。

復讐ではないもう一つの再生の道。
それはイエス・キリストへの信仰の道でした。

絢爛豪華、海戦の迫力、6頭立て馬車の競技の凄まじさ。
充分に楽しめる娯楽作品でしたが
憎しみではなく許しの物語でもありました。




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 17:49| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。