2010年02月12日

お伊勢参りと熊野詣

熊野市の文化交流センターが出来た記念に
「巡礼の道」と題し
三重県立博物館の移動展示をやってましたので覗いて来ました。

お伊勢参りと熊野詣がテーマです。
交通の不便な中世に何故にあれほどの人々が
伊勢や熊野を目指したのか?



             IMG_8427.JPG


お伊勢参りは熊野詣とは随分様子が違ったようですね。
自由に諸国を往来できなかった時代でも
お伊勢参りとなると移動もし易く

周りの援助も受けやすく
又旅をするのは娯楽の少ない時代の楽しみ
憧れの一つだったようです。

伊勢には名だたる遊郭もあったのですから
遊び心も充分満たされたことでしょう。



             IMG_8425.JPG


お金の無い人はこの柄杓を携え
ご寄付を募って歩いたそうです。

江戸文政13年の3月から8月までの半年間に
500万人の人が伊勢を訪れたといいますからすさまじい。
その頃の人口がおよそ3000万人ですから
6人に一人が行った勘定になります。

最初の写真は伊勢神宮の御札が降った時のお蔭参り。
「ええじゃないか」と言いながら熱に浮かされたように
踊りながらお参りした様子です。


熊野詣はそうはいきません。



             IMG_8461.JPG



辺鄙で不便な山奥の神社に
難行苦行を厭わず多くの人々が何故
「蟻の熊野詣」と形容されるほど参詣したのでしょう。


戦乱に明け暮れた末世
せめて来世に望みを繋ごうと
極楽往生を夢見てお参りしたのでしょうか。





手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 21:51| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト管理者様
大変お世話になっております。
ケーブルテレビJ:COMチャンネルで「おちゃのこsaisai」という番組を制作している
(株)ユーストンの山浦と申します。
この度、番組内で「熊野詣」をご紹介をすることになり、アップされているお写真を資料写真として数点
ご使用させて頂きたいと思いコメントさせて頂きました。何卒よろしくお願い申し上げます。
(株)ユーストン 山浦
Posted by (株)ユーストン 山浦 at 2013年03月19日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140955378

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。