2010年04月11日

井上さん、そんな殺生な!

井上さん、そんな殺生な!
わてらを置いてどこに行かはるのんや。
そんなに早うあっちに行かんでもええでっしゃろ。

なんや世間が騒がしゅうなって
わけのわからんようになりよる時に
あんさんがおるのがどんだけ心強かったか
あんさんにはわかってはったんかいな。

もっとぎょうさんええ芝居を書いて
見せて欲しかったんや。
なんで死んでしまいはったんや!



posted by 桜の工房 at 17:05| 和歌山 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 同じ気持ちです。

 ご冥福をお祈りします。
Posted by ぜんしん at 2010年04月11日 19:21
井上さんの作品、私も大好きでずっと愛読していました。
近年、体調が思わしくないとのことだったので、気になっていましたが本当に残念です。
好きだった作家さんが亡くなられると、世界が一つ消えてしまったようなショックを感じます。
Posted by コンペイトウ at 2010年04月14日 00:02
もう一度読み直してみようと思います。
Posted by イムジン at 2010年04月14日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。