2010年06月17日

樟脳が採れる木


             IMG_8973.JPG


今日も暑い一日でした。
明日からは本格的な雨の様子ですね。

先日大阪に出かけた際橋本市の材料屋に寄って
額や花瓶を作る材を買ってきました。
その中に楠が入っていました。



             IMG_8893.JPG



一週間経っても楠の匂いは車から消えませんでした。
楠は樟脳の原料になるのですが
これだけ強力であれば防虫剤としてぴったりでしょう。
今でも使用されているのでしょうか。




手作りオーダー家具の林工亘






posted by 桜の工房 at 20:51| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具の詳細や制作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。