2010年07月31日

制作もいささか夏ばてです。

今日も暑い一日でした。
早朝から村内一斉清掃。

草刈機に金属製の刃をつけて作業をしましたが
なかなか恐い機械です。石に当たると火花が散ります。
工房で使う丸鋸を先端につけて草を刈るのですから。


工房の制作も能率が低下しています。

今は知人の方からご注文頂いたチェストを作っていますが
やっと側組みを終えました。


             IMG_9096.JPG



高さ115CM,幅90CM、奥行き45CMの
大きなチェストです。

これに前と後に板を取り付けて四角い箱にし
上部に天板をつけます。
あとは引き出しの制作をすると完成です。

息抜きにこんなものも再開しました。


     IMG_9106.JPG     IMG_9104.JPG


左は栃 右はブナに漆をかけてみました。

高さ25CMの花瓶です。



手作りオーダー家具の林工亘





posted by 桜の工房 at 20:24| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家具の詳細や制作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 草刈り機に昔の3枚歯を永く使って来ましたが、替え刃の手持ちが無くなり、ついて来たいわゆる丸鋸歯に替えました。
 これが想像以上に使い勝手がいいのです。
 3枚歯だと石など障害物に触れると、保定のビスが飛んでしまって、往生しました。
 それが丸鋸歯は、石や金属に触れても、葉の数が多いので、ダメージを受ける歯が少なく、切れ味が余り落ちませんし、消耗度合いもそれほどではありません。

 薄っぺらな丸鋸ですが意外とタフでした。

 考えてくれた人に感謝しています。
Posted by ぜんしん at 2010年07月31日 22:12
用心して作業してくださいよ。
Posted by イムジン at 2010年08月01日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。