2011年01月25日

超一級ミステリー

一昨日、日曜日夜のNHKスペシャルはご覧になりましたか?
超一級ミステリー番組でした。



             IMG_9889.JPG



邪馬台国はどこにあったのか?
九州か?近畿か?
古くから争われてきた難問ですが

魏志倭人伝に載っている邪馬台国は中国では三国志の時代
3世紀頃の話です。

巨大建造物があったとされる
奈良県桜井市の「まきむく遺跡」の発掘がその論争に決着をつける
決定的な出土品が出てくるのか
固唾をのんで見守りました。

様々な出土品からいろいろの推測が行なわれましたが
決定的なものは残念ながら、今回は出てきませんでした。

今後も引き続いて発掘が行なわれます。
一方の吉野ヶ里遺跡も発掘が続いていますので
この論争まだまだ続きそうです。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:22| 和歌山 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この課題はとても興味のある課題です。

 長期間戦わされてきた議論だけにそう簡単には結論は出ないでしょうが、結果は楽しみです。
Posted by ぜんしん at 2011年01月25日 21:25
私も固唾を呑んで見ていました なぜなら私は九州説だからです ここで決定的な証拠が出たらどうしよう 永遠に判らないほうがお互いのために良いような気がします 実に興味深いテーマですね
Posted by 里 西洋 at 2011年01月28日 20:31
確かに九州説の方がロマンが広がるような気もしますが、まだまだ話は続きそうですね。
Posted by イムジン at 2011年01月29日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182433582

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。