2011年05月18日

美術館巡りも楽じゃない


三日ほど大阪に出て美術館を巡ってきました。
目的は兵庫県立美術館の「カンディンスキー」展
京都国立近代美術館の「クレー」展



     IMG_0201.JPG     IMG_0198.JPG




いずれの展覧会も期待どうりのもので満足でした。
二人の行跡を見ても、自分の絵画表現に行き着くまでには
随分の苦闘の日々があっただろうと思いました。

やはり「ローマは一日にしてならず」です。
私も制作において、もっといろいろなスタイルに挑戦せねばいけないなと
強く思ったのが最大の収穫でした。

特別展を見た後、常設展まで脚を延ばし
隈なく見てきました。兵庫もよかったですが京都では
なかなかお目にかかれないような絵に出くわしました。

長谷川潔の数多くの作品
静謐といいましょうか。


             IMG_0202.JPG



それに一度お目にかかりたいと願っていた須田国太郎の「修理師」
作品をお見せできないのが残念ですが同じ作家の作品です。



             IMG_0200.JPG

重厚な作風でしょう。

二日間すっかり夢中になり見続けていましたが
副産物も発生しました。
腰に疲労がたまり体調がすぐれません。
美術館巡りも楽なものではありませんね。



手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 16:12| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202068150

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。