2011年07月30日

魯山人風盛り皿

人様ならぬ思わぬ動物の訪問を受けました。
小鹿のバンビです。


             IMG_0308.JPG



親鹿に紛れたのか、家の周りをうろうろしています。
猟犬に襲われでもしたらひとたまりもありませんので
裏山に追い立てて逃がしました。



工房では姉から依頼があった魯山人風の盛り皿をやっと出荷しました。


             
             IMG_0302.JPG


幅25CM、長さ70CMのもの
家族の集まりの時などに使ってくれるそうです。
木目がきれいに出ました。(材:タモ)




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:36| 和歌山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 家具の詳細や制作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 普通では気の優しい人間味あふれる人が、ある時、里に出て来た鹿を敲いたり鞭打って山へ追い返した・・・という話を聞いた事がありましたが、あなたも同じお考えだったのですね?!
 人間は怖いと言う事を教えておかないと甘えてしまうと言う思いやりだった事が分かりますね。
Posted by ぜんしん at 2011年07月31日 08:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217536615

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。