2011年12月31日

往く年来る年

今年もいよいよ残り少なくなってきました。
皆さんにとってはどんな年だったでしょう。
来年はもう少し希望の持てる年になって欲しいものです。

年末、熊野市の図書館でお正月に寝ながら、何もせずに
だらだら読もうと思った本を幾つか借りてきました。

アトランダムに借りてきた本はこんなものです。

             IMG_0429.JPG


直木賞作家佐々木譲の「笑う警官」。
裏金疑惑で揺れた北海道警を舞台にした警察小説。


             IMG_0430.JPG


作家辻井喬による大平正芳評伝「茜色の空」


             IMG_0433.JPG


三浦綾子の「塩狩峠」
明治末、自らの命を犠牲にして
大勢の乗客の命を救った鉄道職員の物語。


             IMG_0435.JPG

この本が出版された時、アメリカ文学界は静かに震えたという。
金原瑞人さんの名訳による世界的ベストセラー「エドガー・ソーテル物語」

生まれつき声を持たず、手話だけで話す少年エドガー・ソーテルは
悲惨な惨事に巻き込まれ、家族と離れ一人森の中で暮らさざるを得なくなりますが
付いて来た3匹の犬とともに大自然の中で成長していく感動の物語。
700ページにもわたる大作。


             IMG_0434.JPG


最後に少し固い本、中村靖彦著「日本の食糧が危ない」


さてさてこんなに読めるわけではないのにどうなりますやら。
紅白は見ませんが、箱根駅伝は二日間ばっちり見るので
これには時間を取られそうですし。



それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。


手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 19:16| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 今年もいろいろお世話になり、有難うございました。
 良いお年をお迎えになる事を願うとともに、有意義なお正月をお過ごしくださいね。
Posted by ぜんしん at 2011年12月31日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243636507

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。