2012年01月26日

コンピューター・ソフトの実力


先日、実力では現在の将棋界のトップ3に入る
と私が見る渡辺竜王と
これまた将棋のコンピューターソフトNO・1のボナンザが対戦した映像を見ました。

(桜が咲いていたので昨年の映像だったでしょう。)

ほとんど両者最善手を指し続け
それでも局面はボナンザ有利の内に最終局面に
次の手でほぼ勝敗が決まるという所まで来ました。

苦悩する渡辺竜王
将棋界の第一人者として負けるわけにはいきません。

そしてボナンザが指したのは指してはいけない方の手でした。
ボナンザの開発者によると
ボナンザは攻めを優先する傾向があるとのことでした。

コンピューターの実力を見せ付けられた一時でした。
先日元名人の米長氏が対決して負けていましたが
これは当然な気が致しました。


手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 21:25| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248681127

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。