2011年07月16日

暑中お見舞い申し上げます。


ブログを書くのも億劫になりがちな熱波の毎日です。
久し振りに更新しましたが皆さんお身体大丈夫ですか。
適度にエアコンを使い
水分補給をして身体の調子を整えましょう。


工房は学校の教室跡だった関係で
広く、比較的涼しいので、図面を書いたりしていましたが
久し振り、夕方の気温が下がる時間
漆房に入り漆塗りの作業をしました。



             IMG_0283.JPG



この子のように滝の傍で本を読んだり出来れば最高なのですが。
中国で手に入れたお気に入りの品でしたが
虫干しをしようと開けたところ
中から死んだ羽虫が二匹出てきて作品に穴を開けていました!



手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 20:35| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

小説「静かな大地」


池澤夏樹氏の小説「静かな大地」を読みました。627ページの大作です。
十年前朝日新聞に連載され、とても印象に残った小説です。
彼の先祖の歴史でもありました。



             IMG_0273.JPG



明治の初めの北海道はアイヌの人々の大地でありましたが
明治政府の方針で各地の録を失った士族が移住を始めた時でもありました。
池澤氏の先祖、淡路島の洲本に暮らしていた宗形家も地域の士族と共に
北海道日高地方の静内という地域に移住します。

この物語は宗形家の長男三郎の物語ですが
次男志郎一家の物語でもあります。

土人といってアイヌを蔑むのが一般的だった当時
アイヌの人々と隔てなく付き合い、親交を深め、
一緒に牧場事業を始め、拡大させていった彼等の行く手は
決して安全なものであろうはずもなかったのです。

悲劇的な結末で終わる物語ですが
アイヌと和人との歴史や民族、人種の持つ性格、資質を知る上では格好の物語でした。
(平たく言うと和人は頭はいいがずるいのです。持って生まれたDNAなのでしょくか)

物語の中に出てくる外国人がアイヌについて述べた言葉です。

「アイヌの生き方、山に獣を追い、野草を摘み、川に魚を求める生き方は
欲を抑えさせ、人を慎ましくさせる。いくら欲を張っても鹿が来なければしかたがない。
祈って待つしかない。だから、大きな山の力によって生かしめられる己を知って
人は謙虚になる。山に狩る者は畑を耕す者より慎ましく
畑を耕す者は金を貸す者より慎ましい。
強い相手があってのことだから、慎ましくならざるを得ない」





手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:45| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

熱中症対策

二日前の夕方何となく身体が熱いようなので
測ってってみましたら38度1分ありました。
風邪の兆候は全くなく妻と熱中症の症状ではと話ておりました。

気分は悪くないし、今朝は平熱に戻りました。
皆さんも水分を小まめに摂って熱中症対策をして下さい。

熱中症対策の切り札がこれ!


             IMG_0270.JPG


父の日に孫娘が選んでくれた優れもの
保冷材入りタオル。
これを首の後ろに当てると生き返ります。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 17:46| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

酷暑の夏、節電の夏


今日は雨が降って過ごしやすかったですが
昨日は大変でした。四六時中、部屋の温度は32度
冷房はつけず扇風機をつけっぱなしでしたがこたえました。

村の五十代の方が熱中症で亡くなりました。
村では初めてのことではないでしょうか。

テレビで家の冷房の温度を30度にしていると
言っている人がいましたがそれでも身体には随分違うでしょう。

節電もしなければなりませんし
これとこれは買ってきました。



     IMG_0266.JPG     IMG_0268.JPG



待機電力カットのコンセントとLED電球
今日熊野市の家電量販店に、もう1台扇風機を買いに行きましたら
全て売り切れていました。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 21:10| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

大阪にて


4,5日前、妻が玄関先に蛍が出ていたと言いました。
平家ボタルの儚げな光が。
その後毎晩見ていますが発見できていません。
去年も出てくれたのですが。


             IMG_0263.JPG

                (矢車草)


娘の個展に行ってきましたが長い道程でした。
普通は車で吉野まで1時間半
それからは近鉄で1時間半の合計3時間。

今回は4時間掛かりました。
吉野までの国道169号が土砂崩れで通行不能
迂回路を通る破目になりました。狭い林道を1時間、疲れました。

大阪の電車は皆冷房を緩くしていました。
本格的に節電の季節です。

天候に恵まれたにも拘わらず
人の出足、売れ行きはいまいちの様子
やはり震災後、生活のパターンが変ったのか?
出来ただけでも感謝せずばなりますまい。

時間があったので映画を観ました。
「ブラック スワン」

バレリーナーの話。
「白鳥の湖」の主役に抜擢された女性
「黒鳥」をも踊るためには自分を解放しろと監督に強く要求される。
役作り、ライバル、母親との関係に苦悩しながら精神的にも追い詰められ
初日を迎える様を迫力あるタッチで表現していました。



http://movies2.foxjapan.com/blackswan/





手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 18:02| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

「ホームレス歌人のいた冬」


あちこちにアジサイの花が咲いています。
梅雨の季節に似合う花。
色が変わってゆくので花言葉は「移り気」とか。


             IMG_0251.JPG



  「あじさいは お菓子のような 雨あがり」 (ゆう)
  「あじさいの 今年の色は かなしそう」   (友)



俳句でなく短歌の世界で彗星の如く現れ
彗星の如く消えていったホームレスの歌人がいました。

2008年の暮れに朝日新聞の歌壇に投稿を始め
注目を浴びていた最中、九ヶ月後に突然投稿をしなくなりました。

ホームレスという住所ゆえに注目を浴びましたが
その作品の持つ魅力に皆が惹かれ
歌を中断していた人も再開したり影響力はかなりのものがあったようです。

この本はそのホームレス歌人「公田耕一」の消息を求めて
横浜寿町のドヤ街に入り込んで追い続けたドキュメントです。



             IMG_0262.JPG


公田耕一さんの歌を幾つかご紹介しましょう。


(柔らかい時計)を持ちて炊き出しのカレーの列に二時間並ぶ
鍵持たぬ生活に慣れ年を越す今さら何を脱ぎ棄てたのか
パンのみで生きるにあらず配給のパンのみみにて一日生きる
親不孝通りと言へど親もなく親にもなれずただ立ち尽くす
百均の「赤いきつね」と迷いつつ月曜だけ買ふ朝日新聞
胸を病み医療保護受けドヤ街の柩のやうな一室に居る
温かき缶コーヒーを抱きて寝て覚めれば冷えしコーヒー啜る


公田さんのホームレスでありながら歌を捨てない姿勢に皆強く打たれたこともあるでしょうが
いつそんな境遇に落ち込むかもしれない今の時代に我が身を重ねてみたのでしょう。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:42| 和歌山 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

One Coin Concert


昨日は雨を気にしながら熊野市まで
「One Coin Concert」に行ってきました。
吉田秀さんのコントラバス演奏です。



             P1000366.JPG




彼はNHK交響楽団の首席奏者です。
コントラバスはとっても大きいですね。
彼は楽器にのしかかるようにして演奏してましたが
見ていてもこちらが苦しくなるようでした。

コントラバスは深く豊かな音がでます。
大きな空洞に共鳴してあのような豊かな音色がでるのでしょう。

チェロは5弦でコントラバスは4弦
チェロは下はドの音まで出るがコントラバスはミの音までしか出ないそうです。
チェロと言えば「おくりびと」のメロディーを想い出します。

 http://www.youtube.com/watch?v=pPcrPPO4tkA


ピアノを演奏していた方は佐渡春菜さんといいました。
まさしくあの佐渡裕さんの姪御さんでした。

ベルリンフィルを指揮した佐渡さんは今は時の人
話の中で佐渡裕さんに熊野に是非きて欲しいという話になり、とても盛り上がりました。




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 17:13| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

作品展のご紹介


私の娘、吉田コマキの作品展

「Drink Dreams」
をご紹介します。



             IMG_0247.JPG


イラスト・木版・木彫りなど。

日時は 6.23(木)〜6.28(火)まで
時間は 11時〜18時(最終日 16時)
場所は 阪急電車箕面駅から徒歩3分の
 Cafe サルンポワク2階 「ミカリギャラリー」で
電話は 072−764−8200


時間が取れましたらお越し下さい。




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 18:36| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

思わぬ豊作


じゃがいもを収穫してきました。
小さな畑に4畝ですが二人で掘り起こすのに疲れてしまいました。
掘る傍からごろごろと出てきます。



             IMG_0245.JPG




その快感は何ともいえません。
今年は何故こんなに豊作なのだろう?
耕運機でしっかり土起こしをしたせい?
肥料をしっかり施したせい?


かなりの部分は子供や孫のお腹に納まるでしょうが
放射能に汚染されてないので喜ばれるでしょう。
早速茹でてバターをつけて頂きました。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 18:29| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

映画「グリーンマイル」


最近のBSで放映していたものの紹介ですが
とっても過酷な映画、それでいて3時間の長さを感じさせない
惹きつけて離さない映画でした。



             IMG_0243.JPG



原作はあの怖い「スティーヴン・キング」
監督は「フランク・ダラボン」
「ショーシャンクの空に」の監督だといいますから納得です。

1930年代、アメリカの刑務所、死刑囚棟が舞台です。
グリーンマイルとは死刑囚が最後に歩くグリーン色の廊下に因んでいます。
死刑は電気椅子、公開処刑といいましから、日本とは少々異なります。

死刑囚も様々な人間がいます。
悪を体現したような人間も出てきます。

看守も様々です。
中にとても悪いやつがいます。
悪を行なっても平然としています。

ステェーヴン・キングの作品にはこういう人物がよく出てきます。
そしてこういう人物がいるから作品がぐっと面白くなるのですから不思議なものです。

ねずみ君も重要な役を演じてくれます。

でも最後は納得の穏やかな終わり方でほっとしました。
「私達は皆グリーンマイルを歩いているのだ」という言葉には成程と思いました。

posted by 桜の工房 at 17:48| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

嬉しい知らせ



昨夜2時頃だったでしょうか
夢うつつにほととぎすの鳴くのを耳にしました。
なぜ夜鳴くのでしょう。気持ちが落ち着きませんでした。



     http://www.youtube.com/watch?v=UbdGxgxbBEc




家の周りは草木がどんどん生長してうっそうとなってきました。
草刈機や鋏であちこちを刈り込んでいます。
作業中、枯れたしだれ桜にふと目を移しました。



             IMG_0236.JPG



そこにはなんと!あちこちから若葉が出ている桜があったのです。
芽も出ず枯れてしまったので掘り返してしまおうと決めていたのです。
人智を超えた命の奥深さを感じさせる出来事でした。



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 19:40| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

梅雨の日にお薦めの本


福島、奥郡山の地酒を購入しました。



             IMG_0227.JPG



味わって飲んでみましょう。


このところ三文役者による三文芝居をずーっと見せつけられて
しらけてしまいました。足の引っ張り合いしか能力がないのでしょうか。
誰のためにやっているのでしょう。もっと真剣に働いてほしいです。

うっとうしい天候、うっとうしい政治情勢
先の見えない被災地や原発

こんな時ちょっと息抜きにお薦めの格好の本があります。



             IMG_0234.JPG


奥田英朗さんの「インザ・プール」と「空中ブランコ」

それぞれ5、6篇の短編から成っていますからとても読みやすい。

生きているといろんなストレスを抱え
時としてそれがとんでもない病気を併発させます。
たとえば陰茎強直症、携帯依存症、強迫神経症、心身症、先端恐怖症。

悩んだ彼等が、たまたまドアを叩く先が伊良部総合病院の神経科。
そこには37,8才で縫いぐるみのような太つちょ、色白、マザコンの
伊良部一郎医師が待っています。

すぐに注射をされ
非常識とも思える医者の対応の中で
彼等は病気の原因にぶち当たり
自分らしさを取り戻していく極めて爽快なお話です。
伊良部の強烈な個性にかき回されるお話は笑いなしには読めません。



手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 21:44| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

小説「凶犯」


米原万理さんお薦めの現代中国の小説です。


             IMG_0224.JPG


作者は張平。中国を代表する中堅実力作家。
数々の賞を受賞している問題作家です。

豊かな国有林を背後に抱える小さな山村に
傷痍軍人の主人公が国有林保護監視員として赴任します。

そこに待っていたのは現代中国の影の部分
金力と権力と汚職と腐敗に満ちた人々の姿でした。
村を牛耳る4人組と対立した主人公は抜き差しならない大事件を巻き起こします。

事件解明のため中央の党、省、県、卿から派遣された調査団
村人とのやりとりの中から現代の中国が抱える生々しい現実が暴露されてゆきます。
迫力あるタッチで、すこぶる面白く、とってもおかしく、ぐいぐい読ませてくれました。

それにしても党の力の強力なのには改めて驚かされました。

(購読ご希望の方がおられましたら贈呈致しますので
 林工亘宛てにメール下さい。)



手作りオーダー家具の林工亘





posted by 桜の工房 at 17:21| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

川の流れのように


               IMG_9995.JPG




  生きることは 旅すること 終わりのない この道
  愛する人 そばに連れて 夢 探しながら
  雨に降られて ぬかるんだ道でも
  いつかは また 晴れる日が来るから
  
  ああ 川の流れのように おだやかに
  この身を まかせていたい
  ああ 川の流れのように 移りゆく
  季節 雪どけを待ちながら

  ああ 川の流れのように おだやかに
  この身を まかせていたい
  ああ 川の流れのように いつまでも
  青いせせらぎを 聞きながら


(高山から三匹のネコと共に移り住んで12年目の春です)



手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 21:25| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

目に青葉・・・・


             IMG_0216.JPG


「目に青葉、山ほととぎす、初鰹」


対岸の山でほととぎすが鳴きました。


             IMG_0219.JPG


妻が鰹のたたきを作ってくれました。
妻の鰹のたたきは絶品です。




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 17:34| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

毎日が追っかけっこ


大阪に出ている間に我が家の芍薬が大輪の花を咲かせていました。


             IMG_0195.JPG


直径およそ15センチの大輪です。
去年はひとつかふたつ
今年は五つ程咲いてくれそうです。
この土地に根付くのに4,5年かかりました。


満開の芍薬の元、歓迎されざるものが我が家に珍入しておりました。
猫達のキャットフードが綺麗に食べ尽くされ
猫は空腹気味。

私のベットの下から出てきたものは
なんということでしょう!
又もやアナグマです。

それからというもの、アナグマを追い掛け回す毎日が続いています。
なんともなめられた夫婦です。



手作りオーダー家具の林工亘




posted by 桜の工房 at 20:41| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

美術館巡りも楽じゃない


三日ほど大阪に出て美術館を巡ってきました。
目的は兵庫県立美術館の「カンディンスキー」展
京都国立近代美術館の「クレー」展



     IMG_0201.JPG     IMG_0198.JPG




いずれの展覧会も期待どうりのもので満足でした。
二人の行跡を見ても、自分の絵画表現に行き着くまでには
随分の苦闘の日々があっただろうと思いました。

やはり「ローマは一日にしてならず」です。
私も制作において、もっといろいろなスタイルに挑戦せねばいけないなと
強く思ったのが最大の収穫でした。

特別展を見た後、常設展まで脚を延ばし
隈なく見てきました。兵庫もよかったですが京都では
なかなかお目にかかれないような絵に出くわしました。

長谷川潔の数多くの作品
静謐といいましょうか。


             IMG_0202.JPG



それに一度お目にかかりたいと願っていた須田国太郎の「修理師」
作品をお見せできないのが残念ですが同じ作家の作品です。



             IMG_0200.JPG

重厚な作風でしょう。

二日間すっかり夢中になり見続けていましたが
副産物も発生しました。
腰に疲労がたまり体調がすぐれません。
美術館巡りも楽なものではありませんね。



手作りオーダー家具の林工亘



posted by 桜の工房 at 16:12| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

地方文化の担い手


知人の鉛筆画展が開催されたので新宮に行ってきました。
玉置庸祐氏の「黒谷物語」。
熊野の奥深い自然が主役です。



      IMG_0188.JPG       IMG_0180.JPG



絵の好き嫌いはいろいろあるでしょうが
この個性は捨てがたいものがあります。
それがなければ人を惹きつけられないでしょう。

たまたま見に来ていた友人が那智勝浦の
民芸品や工芸品を置いているお店に案内したいとおっしゃるので
さらに足を延ばして行って来ました。

お店は「工芸 おぐら」


             IMG_0183.JPG


お店には染織品、陶磁器、漆器、硝子品、郷土玩具
民芸家具などが数多くきれいに陳列されていました。
芹沢圭介氏の作品は殊の外多かったです。

ご年配で目利きの女店主が
永年に亘り、自ら日本各地に捜し歩いて求めてきた一品の品々
さすがと感心致しました。
小さなお店ですが美術館といってもいいでしょう。

記念に琉球ガラスのグラスを買いました。
400CCほど入る大きな代物です。



             IMG_0191.JPG



こういう方々が地方の文化をしっかりと支えているのだと思います。




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:48| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

濃紺の装い

レンギョウが散り、桜が散り
木蓮が散り、山吹が散り、藤が散り

濃紺のあやめが今年も咲いてくれました。


             IMG_0174.JPG


4年前植えた、しだれ桜は土が悪かったのか枯れてしまいましたが。




手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 20:25| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

浅野史郎氏と村木厚子さんの対談


先日、浅野史郎氏のお宅でのお二人の対談が放映され
とても感銘を受けました。ご覧になりましたか。

浅野史郎氏は厚生省で障害福祉課長をされた後
宮城県知事に当選
そのあと東京都知事に立候補するも石原現知事に敗れました。
2009年央、成人T細胞白血病を発病
骨髄移植を受けられ現在に到っています。

村木厚子さんは労働省で障害者雇用対策課長をされていましたが
2009年央、郵便割引制度の悪用事件に巻き込まれ
逮捕、5ヶ月間、拘置所に拘留されました。
彼女の無罪が立証されたのはまだ記憶に新しいところです。



             IMG_0173.JPG



ごく当たり前の日常を奪われ試練と向き合ったお二人ですが
お二人とも共通の理念を持った同志でした。

それは、障害者は「チャレンジド」(神から試練を与えられし者)だが
彼等自身がその試練を自ら克服し
あたりまえの暮らしが出来るよう支えるべきという理念です。

試練に向き合ったお二人も文字どうりチャレンジドでした。

拘置所暮らしの中で村木さんが心に残った本と言葉を紹介しています。

サラ・パレツキーの「サマータイム、ブルース」

その中で女性私立探偵が少女に語りかける場面があります。

「あなたになんの罪もなくたって、
生きていれば多くのことが降りかかってくるわ。
だけど、それらの出来事をどういう形で人生の一部に加えるかは
あなたが自分で決めること・・・・」


そうなんですね。自分の人生をどう描くかは自分が選べることなんですね。


手作りオーダー家具の林工亘

posted by 桜の工房 at 18:06| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。